散策DAY'S excite

sansakuday.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 04日

DIY日記 新しい作業台のようなもの計画。

夢見てました。
大きく立派な作業台。

・・・・・

置く場所がちっともありゃしません。コノヤロー!
狭いと分かってて、雨風に吹かれるとわかってて衝動買いした
スライド(万能)丸ノコがじゃまでしょうがありません。

狭いベランダに大きな作業台、もしくは机。
どうにかなりませんかね~?

a0200830_1844731.jpg


無い知恵を一生懸命捻りだしました。
そこで思いついたのは使う時だけ組み立てる作業台。
ベニヤを組み合わせて作る作業台?
確保出来るのはおよそベニヤ1枚のスペース。
そこにベニヤの作業台おいちゃったら、もう動線が取れません。
なのでもう少し幅の狭い作業台が現実です。
プラ馬にSPFを数枚乗っけて(乗っけるだけの)作業台を作ります。
非常に簡単そうです。




使わない時は木材のストック場所であるベランダの上部に
このように収納する予定です。

a0200830_19185435.jpg


作業台自体はSPFを買ってきて塗装して乗せれば完成します。
でも、ほんのすこしだけ丁寧に作業を進めます。

a0200830_19163765.jpg


まずは、気になるへこみや隙間に木工パテを詰めまくります。
使用予定のSPFは1×6×6Fが4枚、1×4×6Fが2枚。
1×6が幅広の横方向にひしゃげていたので、クランプで併せて去勢してみました。

おおっと、半日置いておいたら隙間がなくなってるのにはびっくりです。
直せるもんなんですね。(直せるとは思ってなかった。)

もしかしたら1×4の一本がねじれているのも直せるかな?
それは後に試してみるとして、サンディング工程へ。

a0200830_18565311.jpg


木工パテは盛り上げ気味にしてサンディングです。
そのままサンディングすると、汚くパテが剥がれることがあるので
やばそうなところは少々の水で湿らせると表面が綺麗に仕上がります。
これは前回に作業台(小)を作ったときに乾いたと思った木工パテが
水に溶け出してくることに気が付いてから、サンディング時に試したら
結構綺麗に仕上がったのでその後から取り入れてます。
それでも、うまく行かない場合はパテをやり直しします。

60の粗いサンディングペーパーをかけてから、
仕上げに240のペーパーでサンディングです。

木肌の感触がスベスベで気持ちがいい。
あとは塗装すれば完成なのですが、ねじれた1×4を
ダメ元で去勢させてみます。

a0200830_1973382.jpg


1×6の幅広の横側では半日程度で修正されてましたが、
1×4のねじれ去勢は現状ではあまり効果が見られていません。

a0200830_199317.jpg


あと一晩寝かせて駄目なら、とりあえず塗装工程に進みます。
パテ塗って乾かして、丁寧にサンディングをかけたりしてますので
結構時間はかかってたりします。
[PR]

by sansakudays | 2015-05-04 19:15 | DIY | Comments(0)


<< DIY日記 簡易作業台塗装とオ...      電気系 圧着工具のいろいろ。 >>