散策DAY'S excite

sansakuday.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 01日

2種電工 技術試験 圧着工具の強制解除。

a0200830_2253144.jpg


Nikon D800E+YN-622N-TX
(SB-910+YN-622N(改))×1~2
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED


 圧着工具は圧着成形の確認機構
というものが組み込まれてます。

要はきちんと圧着出来るまでハンドルを
絞らないと解除出来ないように作られています。

でも、気が付かずにスリーブ以外のものを挟む。
あっ 俺 やらかしそうだなぁ・・・・。



a0200830_22103724.jpg


きちんと最後までハンドルを絞り込めるなら、
それで解除することは出来ますが、
もしも、途中までしか絞れなかったら・・・
どうにかして解除する方法があるのだろうか?

a0200830_2217735.jpg


ラチェット機構の部分を観察していたら
その謎は簡単に解けました。

銀色の部品(爪)と工具の表に出ている
六角頭がつながってます。よくみるとカチと
音がする度に六角頭も連動して動いています。
要は中の歯車に爪を噛み込ませて動きを一方に
制限しているのですが、歯と歯の中間くらいに
ハンドルを握って六角頭を時計回りに回して
ハンドルを離せば、ラチェット解除することが出来ます。

a0200830_22542520.jpg


これは大型のも小型のも同じものです。

a0200830_225330100.jpg


自分はLOBSTER(エビ印)の圧着工具(大・小共)ですが、
解除方法は簡単と思えます。
実は一度、ケーブルを挟み込んでしまったことがあります。
その時は、無理矢理ハンドル絞って解除しましたけど、
その時にちゃんと観察していれば、簡単に解除出来ていたのでしょう。
ま、知らないよりは知っていたほうがいいことでしょうから。

追記-2017/08/14-

この解除方法はあくまでもLOBSTER(エビ印)の圧着工具に限ります。
他のメーカーは解除方法が違ったりしますのでご注意ください。
[PR]

by sansakudays | 2015-02-01 23:00 | 電気工事士 | Comments(0)


<< PENTAXのフルサイズ。      DC COMICS美少女 バ... >>