散策DAY'S excite

sansakuday.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 04日

工作日記 自作サイクロン集塵機

a0200830_18475331.jpg

Cyber-shot DSC-RX100M3

DIYで作業するベランダ部分。
作業終了後の掃除を一般の掃除機でガーっとやってました。

ただ、雨が降った日とか地べたが濡れてると
ただの掃除機が使えないわけなので、
乾湿両用の掃除機を購入しました。

が、購入してみたら水を集水する場合には
フィルターを交換しないといけなかったり、
紙袋が使えなかったり・・・・・。

そんな時に知った自作のサイクロン集塵機。
水も吸い込めるし、掃除機には殆どゴミが入らないらしいし、
ゴミためる缶(蓋バンド付きペール缶)にゴミ袋セットしておけば
そのまま縛ってポイっとゴミの日に出せばいいんじゃないかと。

制作は本格的な雨降りのなか、ベランダで・・・。
一応、突っ張り棒サンシェードな屋根の下での作業ですが、
雨足が強いと防水布突き抜けて雨が落ちてきます。
小雨程度では問題なかったのですが、こりゃまいったと
家中に避難しつつ、小降りになったら作業再開と忙しかった昨日。

最初は覗き窓つけるつもりでアクリル板も購入しましたが、
胴体の吸い込み口の接着での取付に失敗してしまい取付する気が失せました。
しかしもったいないので吸い込み口は接着パテや接着剤で力技で作りました。
あとでそこだけ作り直せるようにそこを接着しなければ良かったのですが、
がっちり固定させてしまったので作り直すなら最初からです。
これは失敗だったなぁ・・・・。

それでこれ、使えるのかと問われれば、充分使えます。

木工作業中にくずを集塵しながら作業するのもよし。
雨が降っても掃除機を気にせずにそのままガーと掃除するもよし。
見栄えはやや悪いですが機能は充分と言えるでしょう。

制作時に缶との接続部分をどうしようかと悩みました。
パッキン挟んでフランジでボルト接続かなと考えてましたが、
フランジって結構高いんですよね~。
その他はあまり大した金額ではありませんけど、
フランジだけ部品単価が跳ね上がります。

まぁ、他の取付方法が面倒そうだしフランジなら
そこで自立可能だろうと今回はフランジを奢りました。

a0200830_1910120.jpg


ベランダ以外に持ち出して使うこともあるかもしれないと
最後にペール缶の底に車輪を付けて移動しやすくしてみました。

トリマーあたりを使い出したら、これは是非作るべき。
いいですよ、これ!!
[PR]

by sansakudays | 2014-10-04 21:00 | DIY | Comments(0)


<< 工作日記 プレート台接続と穴開け。      工作日記 スライドレールを両サイド >>